• このエントリーをはてなブックマークに追加

コンタクトレンズの購入では通販サイトのドライアイ対策が有効

コンタクトレンズを購入する時、通販サイトを利用される方も増えていますが、サイト内でドライアイを解説してくれ、その有効な対策をすることができる場合があります。特に秋から冬の時期は空気の乾燥状態が起こり、皮膚の水分を奪うことが多いですが、それだけでなく目の中の水分までを奪うケースも増えます。 またパソコンやスマートフォンの画面をまばたきもしないで見たままの状態でいると、レンズの表面の潤いを保つための涙が蒸発してしまい、それによって乾燥状態が起きます。レンズが乾燥したままであると目のゴロゴロ感や痛みなどに繋がる不快感に襲われることも多いです。 購入できるサイト内でも目の乾燥に対するトラブルの仕組みと対策を解説し、セルフチェックできる機能を設けたりしている場合もあります。他にもそれに悩まされる方向けのレンズの素材を推奨していたりしています。

レンズの乾燥が起きやすいのはレンズ表面の涙の蒸発が原因

コンタクトレンズを通販で購入される方が増えていますが、多くの方に悩まれる目のトラブルとしてドライアイが存在します。そのトラブルはレンズが乾燥することで、ゴロゴロ感や違和感、痛みなどが起き、目の充血にまで発展することもあります。 こうしたトラブル原因はレンズ表面の涙が蒸発してしまい、本来ならまばたきをして潤いを補給しますが、それがうまく補給できない状態にあるためです。つまり乾燥したままの状態になってしまい、それがこうした違和感に繋がっています。 数多くのレンズを扱うサイト内では、目の乾燥には低含水の素材のレンズを推奨しているケースが多いです。その理由はレンズが水分を吸収する性質が存在するため、低含水の素材であれば涙の潤い成分を吸収しないで済むからとなります。

目の乾きに有効となる低含水の素材のレンズの特徴とは

コンタクトレンズは店舗で購入するより通販サイトで購入するケースも多くなっていますが、レンズには多くの種類が存在するのも事実です。なかでも人気の高いのは酸素透過率にも優れ、レンズに含まれる水分が多いことで、付け心地にも優れている目の負担が少ない高含水のレンズとなります。 しかしこの高含水レンズは、潤いをキープするため水分を吸収するため、多くの涙を必要とします。これが逆にドライアイを引き起こす原因にも繋がります。 一方、低含水のレンズの場合は装着の付け心地は高含水ほど良くないですが、目の中の涙成分を吸収することも少ないため、長時間利用や乾燥しやすい季節などに使用するとドライアイになりにくいです。 また水分を吸収しやすいかどうかは含水率という単位で表現され、低含水レンズはこの含水率の数値が低い状態にあります。サイト内でもこの含水率の数値を明らかにして、推奨しているケースも多いです。

ピックアップ記事

コンタクトレンズを通販で購入する時は比較して選ぼう

コンタクトレンズを作る時は、以前は眼科にかかって処方箋をもらわなくてはなりませんでした。ですが、最近では処方箋が無くても買えるレンズも増えてきています。他の多くの商品がインターネット通販で手に入るのと...

通販でコンタクトレンズを購入する際のお店の選び方

良いコンタクトレンズを通販で選ぶ際には、その取り扱い量が多く様々なタイプを取り扱っているお店を選ぶのが良い選び方です。レンズは人によって様々な適合のタイプがあり、合わないものを選ぶと見えづらくなるだけ...