• このエントリーをはてなブックマークに追加

コンタクトレンズを通販サイトで購入する時の保存液の選択

コンタクトレンズを通販サイトで購入する場合、種類が存在するため、それに合わせた保存液を用意する必要があります。主にレンズの種類にはハードとソフトがあり、ハードは形状が決まっている堅めの素材で出来ています。 一方、ソフトは柔らかい素材で折りたたむことが出来るタイプで、こうした素材によって最適な保存するための薬剤を購入する必要があります。もっとも使い捨てタイプのレンズも存在しますが、その場合は保存する薬剤は必要ではないです。 ショッピングサイト上でもレンズと同じく、実際の店舗で販売されているよりも格安で入手できるケースがあります。その場合はショッピングサイトからの購入が適していますが、安いからといって買いだめには適しておらず、その理由としては使用期限が存在するためでその期間内に使い切る必要があります。 最近は一本で洗浄・保存・消毒を行えるMPSタイプが主流となり、ハードレンズを利用される方に普及しています。

レンズを保存する薬剤の働きとは

コンタクトレンズを通販で購入した場合、使い捨てのレンズでなければ毎日の取り外しで保存液に浸けて保管しておく必要があります。その液体にはタンパク質を分解する成分と、汚れなどを浮かせる界面活性剤などが含まれています。 目の中は目ヤニを始めとするタンパク質が付着しやすく、それは分解しない限り除去できず、しかもレンズの表面に汚れが徐々に蓄積されていきます。その保存する液体に浸けておくだけで、汚れなどを除去して、いつでも装着した時にクリアな視界を確保することができる様になります。 もちろんレンズを浸けておくだけでなく、汚れがひどい時もその薬剤を数滴たらして指で擦り洗いする上でも使うことが可能です。長年の使用に耐えることができる様にする上では、取り外したらこうした保存する液体に浸け置きすることがポイントとなります。

殺菌にも効果が存在する保存する液体ならMPSタイプ

コンタクトレンズを通販サイトで購入した後は、保管にはハードやソフトのレンズ、それぞれに対応する保存液に浸けておく必要があることが理解できます。他にも選択する上でのポイントとしては、殺菌作用があるかどうかで、眼病を予防する上では避けては通れません。 ハードレンズの場合は、MPSタイプ・過酸化水素水タイプ・ポピドンヨードタイプの三つがあり、一番オーソドックスなのはMPSタイプです。これは洗浄・消毒・保存の三つの機能を一本で収められています。 過酸化水素水タイプ・ポピドンヨードタイプでは消毒作用が強力ですが、すすぎをしっかり行わないと逆に目をいためる原因に繋がることもあります。従って多彩な機能が揃っているMPSタイプで保存し、本格的な汚れなどでは指で擦り洗いを行うだけで清潔な状態を維持でき、メンテナンスも楽な点で広がりをみせています。

ピックアップ記事

コンタクトレンズを通販で購入する時は比較して選ぼう

コンタクトレンズを作る時は、以前は眼科にかかって処方箋をもらわなくてはなりませんでした。ですが、最近では処方箋が無くても買えるレンズも増えてきています。他の多くの商品がインターネット通販で手に入るのと...

通販でコンタクトレンズを購入する際のお店の選び方

良いコンタクトレンズを通販で選ぶ際には、その取り扱い量が多く様々なタイプを取り扱っているお店を選ぶのが良い選び方です。レンズは人によって様々な適合のタイプがあり、合わないものを選ぶと見えづらくなるだけ...